FC2ブログ

201102 岩井のイナダ・カワハギ イサキ釣りと競馬が好きな人のブログ

201102 岩井のイナダ・カワハギのページです。

201102 岩井のイナダ・カワハギ

平成20年11月2日 岩井のイナダ・カワハギ
ここ二ヶ月で300時間をゆうに越える残業をし、やっと仕事が落ち着いた。お盆前に江見に行って以来、待ちに待った釣りとなった。
どの釣り物も好調で釣り物決めに難航したが、多彩な釣りが出来る岩井の仕立に落ち着いた。A木氏に人数集めに尽力いただいたが、結局、A木氏、寿司、寿司嫁、私の4人になった。
寿司車にてこちらを405に出発し、コンビニに立ち寄り港には550到着。やや風が吹くとの予報に反して凪。ラッキーと思いながら船長が不苦労に似ている「カズなんとか丸」に乗船。意気揚々と竿を二本準備する。富浦沖のポイントに到着する頃には海は強い風+まあまあのうねりで大変なことになっていた。船が小さいこともあり、「この船大丈夫?」感は生涯1、2を争うほど。風上に頭を向ける船で、俺の釣り座は嫌でも全ての波が目に入る場所だった。妻子のある身だし、フローティングベストを購入しようと思った。さっそくミヨシ(寿司&嫁)の二人の顔色が悪く、手が動いていない。こっちも限界が近かったが、お土産確保のため竿を振った。船上は、A木氏と俺。かなりマグレで俺が小カンパチをゲットし、A木氏がカワハギをゲット。その後は鯖がかかるのみ。船は流され水深3mのポイントの上にいる場面もあり、カゴと天秤の2セットをロスト。被害金額7000円弱。訴訟も頭をよぎった。その後、アジのポイントに移動するもA木氏のメバルヒットのみ。時間も経過したので、カワハギに変更。復活した寿司が本命を3枚ゲットするも船中7枚程度だった。ちなみに嫁は復活することなくタイムアップ。最後はまずまずの海に今日は不苦労かと思ったが苦労しっぱなだった。
《調理》
貴重なお魚さんは食べられる部分のほとんどをいただきました。やっぱり、カワハギの肝あえは最高!カンパチは初めて釣ったが、イナダ同様に寝かした方がうまい!イナダをかなり上品にした感じ。いつもスーパーで我慢していたこともあり尚更うまかった。こんな日は鯖さえも主役に近づく。立田揚げで食べた。熱々
のうちに食べれば十分美味い。

スポンサーサイト



2010年03月07日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する