FC2ブログ

230924保田のワラサ・マダイリレー イサキ釣りと競馬が好きな人のブログ

230924保田のワラサ・マダイリレーのページです。

230924保田のワラサ・マダイリレー

平成23年9月24日保田のワラサ・マダイリレー

・船中、キロから4キロまでのマダイが4枚くらいで、イナワラから3.5キロくらいのワラサまでが7本くらい。

・予約時に確保していた左舷の超トモ(T沢氏)と大トモ(私)に着き、20人乗船で530出船。

・朝一のマダイポイント(保田沖)から潮ぶっとびで船長の操船が1日中大変そうだった。右舷でマダイが1枚あがった程度。

・7時過ぎからワラサ狙いで久里浜沖に入るも、潮は変わらずぶっとび。どこでコマセ振ってよいやら・・。

・ミヨシ側7人向こうとサシで祭ることも。

・船中のフィーバーは8時くらい。20分間くらいで目視6本上がった1回だけ。

・T沢氏が3キロオーバーをゲット。超ゴリ巻きだったからか、ゴウインアオモノHは余裕はあったけどバットから曲がってた。。

・私の同じ竿にはソーダしかかからん。

・このフィーバーが終わり、嫌な予感がしたんだよね~。

・以降、船中は沈黙、沈黙。朝一は千葉の船と神奈川の船が船団を作っていたけど、気が付けば千葉の船とボートだけ。沈黙のまま12時に朝一のマダイポイントへ移動。

・T沢氏がキロ半の一番美味そうなサイズのマダイをゲット。マダイは淡泊であるが、保田のマダイは脂がノリノリなので、好んで使う料理人もいるとか。

・13時ちょい前に終了。加減して使ってたアミコマセが残る虚しさ。

・ソーダカツオはリリースしたので今晩のおかずはないと思っていたら、全員に船宿からアジのヒラキ3枚のサービス。あらら、こんな日に来ちゃいました。

・剣崎沖は上等な釣果だったので、剣崎沖へ移動した神奈川の船も良い釣りになったかな。

・昨年乗船した久里浜の船は、久里浜沖をやった後に剣崎沖に移動してくれた。

・千葉の船は、釣り座予約順のメリットは大きいが、機動的に動けない(動かない?)脆さもあるんだなぁ。

スポンサーサイト



2012年01月16日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する