FC2ブログ

200211 江見の外道、スルメイカ、鬼カサゴリレー イサキ釣りと競馬が好きな人のブログ

200211 江見の外道、スルメイカ、鬼カサゴリレーのページです。

200211 江見の外道、スルメイカ、鬼カサゴリレー

平成20年2月11日(月祝)江見の外道、スルメイカ、鬼カサゴリレー

■船宿■
 江見のW辺丸
■釣行者■
 A木氏、・・・、私
■釣行■
 今年も初釣りで撃沈したが、それは毎年のこと。今年2回目の釣りで選択したのは中深場釣り。というか、本命はイカだったが、お土産を確保したかったのでリレーをやってる船を選択したもの。イカのほかにはアジが好調。事前に船長に仕掛け等を尋ねているうちにアジはなんと外道であることが発覚。良い外道である。初の釣りもののため、早めに出発。一昨日に納車されさNア号(黒)はA木氏、・・・を乗せて0030に出発した。夜間運転が嫌いなため、例のように運転はA木氏。
 娘息子が向かいのおぢちゃんにお年玉をもらったが、お返しができていないため、今回はかなり本気。妻が妊娠中のため、外道はあまり摂取してはいけないので、お返しはできると考えていた。
 0300頃に港に到着。なんとか船を探し出して席を確保。一番乗りとなったが、初の釣りもののため、トモから横3人が並んだ。船長の話が聞きたかったからトモから3人目に席をとった。これが、全ての失敗。まさか、あんなお祭り騒ぎがまっているとは。
 小一時間の仮眠をとり、着替えて船にのりこむ。釣人12人(中乗りさん1人)で0500頃に出船。ポイントまでは中速で30分。前回の釣りよりははるかに温かい。朝方は少し波があったため、移動中、狭いキャビンには入らずに外に出ていたが、風が痛くないのが嬉しい。まだ、ほんの少ししか明るくなっていないなか、ポイント付近では15隻ほどの船がポイントを探している。
 船長の合図で釣り開始。フラッシャーサビキ8本針にイカの切り身をつける。水深は200~240メートルの底から1メートル。仕掛け投入で2分、巻き上げで3分程度かかるので、手返しが重要視される。回りであたりが出始め、俺の竿にもあたりが。早く魚の顔が見たかったので少しの時間待って巻き上げ開始。2匹であったが、初の外道に少し感動。その後はお祭りの嵐。こちらの巻き上げ途中に続けて4回もお祭り。相手に巻き上げを譲り相手の巻き上げが済んでからこちらも上げる。かなりの時間ロスで魚もラッキーとばかりに逃げているんだろうと思いながら。案の定、1、1、4、1匹しか付いていない。隣のおじさんはライン8号だしこれでは仕方ない。
 イカ、鬼は不発!残念!
■釣果■
 A木氏:外道17匹、マルイカ1匹、(ゴマサバ2匹、ユメカサゴ3匹)。
 ・・・:外道14匹、黒ムツ1匹、大サバ1匹。
 私:外道9匹、ゴマサバ少々。

スポンサーサイト



2010年01月09日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する