FC2ブログ

マルイカ イサキ釣りと競馬が好きな人のブログ

マルイカのカテゴリーです。

220523勝山のマルイカ(雨の中のクルージング。船長陳謝)

平成22年5月23日(日)勝山のマルイカ釣り(雨の中のクルージング。船長陳謝)

■釣行者

 T沢氏、Y和氏、Y宗氏、Y宗氏夫人、私

■船宿

 H宝丸(氷付き7500円+釣割ポイント)

■釣行

 当日は、マルイカ2船出しだったが、大きな船が比較的一杯だったことから小さい船を選択。右舷ともから私、Y宗氏夫人、Y宗氏、左舷ともからT沢氏、Y宗氏で釣座に着いて出港。超ベタナギのため、湖で釣りをしているようだった。
 しばーらく浅いポイントを吟味した上でようやくスタート。1投目着底直後からヒットしたが、小型のムギイカ。ポイント移動後は、船長の「あげて~」の合図で巻き上げるとまたムギイカがヒット。会心のヒットがない。右舷みよし側の超上手そうなベテランは、あたりをとってまあまあコンスタントにマルイカをあげていく。腕の差がでることを改めて実感。なぜか渋~い感じでまったりと時が流れ、ボツリ・・・、ポツリ・・・、ポツリと気がつけば沖上がり。最後に船長があまりの撃沈ぶりに陳謝。悪い日に来てしまったものだ。

■タックルなど

 ロッド:カワハギ竿
 リール:ダイワ ミリオネア100(PE1.5号)
 クーラー:ダイワ プロバイザー16L

■仲間達の奮闘

 相変わらず気合いの入っていたT沢氏は、マルイカ10杯で仲間うちの竿頭&早掛け賞もゲット。

 本格的なマルイカ釣り初挑戦のT沢氏弟は、イケスに入れておいたマルイカが行方不明になるアクシデントもあったが3杯。

 夫人の状況を確認しながらの釣りとなったY宗氏は、マルイカ5杯、ムギイカ1杯。

 本格的なマルイカ釣り初挑戦のY宗氏夫人は、先月の金谷では船酔いだったが、当日はベタナギのため一日中竿を振った。なんとか1杯キャッチ。このシビアな状況下では立派!

■仲間うち竿頭

 T沢氏:マルイカ10杯

■私の釣果

 マルイカ6杯、ムギイカ2杯。

■仲間うち全員の釣果(おおよそ)

 マルイカ20杯、ムギイカ4匹位。

■各賞

 〇マルイカ大物ダービー:どんぐりの背くらべだったため測定せず。

 〇早掛け賞:T沢氏(私が仲間うちの1杯目&2杯目をあげるもいずれもムギイカ)

■料理

 ジップロックに入れておいたが氷水に浸かっていたこともあり、透き通り具合はやや欠けたが、刺身で食べれば、最高の食感だった。 ムギイカは、沖漬けにしたが、小さかったためうま味半減。

■H生丸HPより

 2010年05月23日 マルイカ船 14~31㎝ 1~40杯 竿頭、石沢さま 乗り合い2隻の高低釣果です。

スポンサーサイト



2010年06月19日 トラックバック(0) コメント(0)

200517 金谷の丸イカ

平成20年5月17日 金谷のマルイカ釣り
船代:8000円(氷付き)
●第三子の出産(5月6日)の関係で二ヶ月半ぶりの釣行となった。当初はシーズンも終わった感もありつつもヤリイカ狙いを考えていたが、ここ数日、台風の到来により船が出ていなかったため状況が見えなかった。加えて、楽しい釣りができる鴨川周辺の船宿は第三水曜日のためみんな定休日。そこで、安定した釣果がでているマル
イカを狙うことになった。前日の夕方に勝山の船宿4件に電話したがどこも予約で一杯とのこと。少し青ざめたが金谷に電話して予約がとれた。出船は5時だったが、4時開店で座席が早い者順であったため早めに家を出発。24時前に出発して1時ちょい過ぎには到着し車中で仮眠。寝起きで寒い中、3時55分に店に行くと10人位が列んでいた。幸い、アジ船などの人が多く、マルイカ船の両ドモは取られたが左舷ミヨシを確保。A木氏と相談の上、今回は私が良い席に座らせてもらった(A木氏はその横)。
●定時を少し過ぎ、12人程度を乗せて出船した。ポイントまでは約15分(保田沖?)。まばらな船団の中を釣り開始。私は直結仕掛けで狙い、A木氏は大きいスッテの直ブラ仕掛けでスタートした。(前日までは150号重りに電動リール・バッテリーを準備していたのに、重り30号のライトタックルになってしまった)
何度か移動を繰り返し、釣り開始から30分強たったところで船中ポツリポツリとヒットし、俺にも来た~と思ったら次から次への怒濤の入れ食いタイム(1回目)に突入(着底後5秒以内にヒット)。入れ食いは極短時間だったが、あっと
いう間に8匹をキープ。大きなものは胴長25センチ強ある。その後、船中みんな釣れる2回目の短時間入れ食いタイムもあった。入れ食いタイムが始まると10隻以上が集まる大船団になる。3回目の入れ食いタイムは俺だけ。A木氏から譲ってもらった澄潮用の市販仕掛け(赤系のスッテが多数)が効いたようである。
金谷の船は意外に沖上がりが遅く、1時にストップフィッシング。今回は実家へのお土産もできて、まずまず満足。
●A木氏十数杯、私26杯(うちムギイカ(スルメイカの子)は1杯ずつ)
※ あの辺一体の船宿HPではトップで七十杯超。実際に他船を見ていてもうまい人はポンポン釣りあげる。根本的に経験、腕に大きな差があると思った。
●A木氏との対戦結果:勝ち! これで今年は1勝3敗(フグ、金目、カレイ)となった。
●釣りたてのイカは驚くほどうまい!大型より小型が柔らかくてうまい!細胞が生きているためか、家に持ち帰っても表面の斑点が出ては消えてを繰り返している。刺身と丸焼きなどでおいしくいただきました。マルイカの肝は小さいため塩辛が作れなかったので、次回は肝の大きいスルメイカを狙いたい。ただし、出産直後のうちの奥様がマルイカを大量に食べたが、体調不完全だったためか3日程度腹をこわしたらしくイカアレルギーになっている。

2010年03月07日 トラックバック(0) コメント(0)