FC2ブログ

中深場(Fサビキ・イカ・オニ) イサキ釣りと競馬が好きな人のブログ

中深場(Fサビキ・イカ・オニ)のカテゴリーです。

230820保田のスルメ・オニカサゴ釣り

平成23年8月20日保田のスルメ・オニカサゴリレー釣り

■釣行者■

 A木氏、Y宗氏、私

■船宿■

 保田のA丸(オニカサゴ用サバ切り身、氷付き10,000円。下船後、お茶お菓子サービスあり)

■仲間うち竿頭■
 
 高級魚を釣ったということで私

■釣行■

 春先まで爆釣だったスルメが普通の釣果に戻ったが、翌日にBBQがあるという釣友からのリクエストは、スルメ釣り。釣行日は第3土曜日のため南房総の広い地域では定休日となっているものの、スルメ=釣れていないという先入観があったので、わがままを言って、オニカサゴとのリレー釣りにしてもらった。

 秋雨前線の南下により釣行前日は波風のために外房から内房まで出船しておらず、さらに当日は、曇り時々雨の予報だったためテンションがあがらず。この悪天候に参ったのか、T沢氏は風邪をひいてしまい欠席となった。A木氏曰く、「あいつ雨きらいだから・・・」と。

 9月・10月は仕事の関係からどうしても釣りにいけないため、今回は、その前の最後の釣り。スルメ釣りは、今後も行くだろうし、今使っているアマノ釣具の竿が大変重く使いづらいため、奮発して前日に竿を購入し、テンションがあがった。

 私自身、ダイワフリークであるが、少し前に、コストパフォーマンスはダイワ社に比べてはるかに高いと思っているアルファタックルの無料カタログを取り寄せ眺めていた。そんなこともあり、アルファタックルのスルメ直結竿(夢人イカづくし直結150-150)を購入。本当は、ダイワのフィールダーヤリイカを探しにいったんだけど店頭になくて、この竿が40%引きで売っていた。直結竿だから短いものの、オニカサゴや200号オモリのライト深場もできるという店員談を信じて購入した。

 釣友が選択したのは、保田のH丸。この近辺でリレー船をやっているのは珍しいため貴重な船宿だ。船宿HPによる案内図が大きく間違っていたり(古い情報?)、割引券が使えないなど、第一印象は最悪であった。大きな船ではなかったが、お盆過ぎのためか、あるいはスルメが不調なためか、集まったのは8人(9人?)。右舷は4人乗船で、ミヨシから3人分を電話予約時に確保しており、A木氏、Y宗氏、私、他客の順で釣り座についた。

 ポイントは金谷沖かとも思ったが、館山沖だったため、50分程度のクルージング。ポイントの定刻なのか分からないが、6:00丁度頃にスルメイカ釣りの開始。

 新たな竿で期待を込めて直結仕掛けを下ろし、頑張ってしゃくる。10分弱程度釣りをすると、船長から「あげて~」の合図。15分程度、イカを探してのクルージング、10分弱程度釣りをして、「あげて~」で15分程度のクルージング。

 なんだか嫌な予感・・・。10分程度釣りをして「あげて~。」のあと、すかさず「それではオニカサゴの準備をしてください」とのアナウンス。えっ・・・この時、まだ7:00なんですけど・・・。船長に、この後またスルメやる可能性もあるのか尋ねたら、もうやらないとのこと。相当スルメがいないんだと思ったし、船長の決断力にビックリ。そして、移動もせず、それまでスルメをやっていたポイントでオニカサゴ釣りスタート。

 そんなに釣れる魚じゃないため、20分位沈黙。船中、口火を切ったのは、その日の竿頭となった右舷大トモの他客(以下単に「竿頭」という。)。悔しいがつまり私の右隣のおじさん。置き竿のまま結構なスピードで巻き上げているが、ときより大きな引きがあるようにも見える。1人で訪れたのだろうか、チラチラ顔色を伺う私に対して恥ずかしそう。「魚付いてますよね?」とこちらから聞いても、「どうだろう?」というものだから、タモを準備してよいやら悩んでしまった。結局、キロ位のオニが付いていたため、タモですくってあげた。スルメはまったくダメでもオニは釣れるんだーということで気合が入った。

 しばらくの沈黙のあと、置き竿にして、持参したサケの皮をチョキチョキ切っていたところ、船長から、「魚つているだろう」といわれた。明らかに底を付いているようにトントンいっていた。「底ですかね?」なんて話しながら竿を持ち上げると、根がかっている。思いっきり竿をあげたところ根がかりははずれ、すぐに魚からのシグナルが。新しい竿にかかった一発目の魚だったため、よくわからなかったが、結構な引きだと直感した。

 オニカサゴであれば、ヒット直後&あと残り40メートルというところからグングン引く。しかし、この魚は水深160メートルから、終始グングンいっている。「オニじゃないなあ。サメかな?」と思いながら、あがってきたそこそこの魚を見た。

 「うん?シマアジか?」と思ったが、タモですくってくれた竿頭からは、「カンパチだー」と言われ、船長からは「カイワリだ」と言われた。

 カンパチではないことは分かっていたが、正直、頭の中では、カイワリ < シマアジ < カンパチ の順だったが、船長が言うから間違いないのだろう。「カイワリなのか?」と思ったが、館山沖ではオニカサゴ釣りでたまーに大型があがるらしく、確かにカイワリといわれれば姿形はまさにそれで、ただ、いつも見るカイワリに比べてバカでかいからよくわからなかった。後計量で、43センチ。1010g。狙っても釣れない高級魚カイワリの大物を釣ってしまった。今までカイワリの味を悪く言う人は、みたことがないが、タモでとってくれた竿頭も大変羨ましそうだった。

 私のクライマックスは、この極大カイワリで、かなり前半に訪れてしまった。以下は簡単に。

 その後、2匹のオニカサゴを上げたが、1匹は、竿頭のオニをタモですくおうと置き竿にしてたときに、船長から「かかってるぞー」と言われたもの。結局、今回は良い魚を3匹上げたが、うち2匹は、置き竿&よそ見で船長から教えてもらったもの。なんというか・・・、殺気がないほうが良いのかな。もう1匹は、教科書どおりというか、誘いをかけて、上からゆっくりヒラヒラ餌を落として食わせたもの。

 また、この日の私は、タモ取りが忙しく、右隣の竿頭の釣った5匹を全部すくったのだが、大型が多く、5匹計で6Kgはあったと思われる。何が違うのか。最後に船長が竿頭に聞いていたのが聞こえたのだが、どうやら、根がかりしないように棚を1メートルとか上にしてひたすら置き竿にする釣り方がはまったようである。うーん、ヒラメ同様に大型狙いは、棚を上にっていうことなんだろうなあ。勉強になりました。

 後半にパタパタ本命が上がっていたので、惜しいと思いながらも12:30にストップフィッシング。実釣6時間30分、何とか格好は付いたかと思う。

■仲間たちの奮闘■

 A木氏は、オニカサゴ×5匹(うち2匹はリリース)。型は仲間内では大きめだったが、まんべんなーく釣っていたし、私から釣り座が離れていて良く分からなかったし、特筆すべきことは特になし!

2011082016128_11_web.jpg

 Y宗君は、途中まで前回の悪夢の再来かと思ったが、後半は絶好調!
 ちなみに沖上がり前90分位までは、ウミヘビ及び小タコのみ(←今回の本命は、イカ類と魚類ですぞ!)で、水フグと思われるイタズラものから集中的に攻められ、針を6本位?取られていたみたいだった(ちなみに私の被害は2本だけ)。その後、サバをかけ、徐々に本命に近づいてきた後半、船中でパタパタ上がっている時間帯にはオニカサゴを連発!お見事!。その他、あまりお目にかからないヒシダイ(船長曰く高級魚)を釣ってました。(本命オニカサゴ×3匹)

 ↓ 注:Y宗氏ではありません!
2011082016128_10_web.jpg


■私の釣果■
 
 1,010gのカイワリ×1匹、600g級のオニカサゴ×2匹。
 (ほかリリースした水フグ×2匹・ヒメ×1匹・小サバ×1匹)

 ↓ 注:私の手が小さいわけではなく、カイワリが大きいのです。
2011082016128_12_web.jpg

 
■各賞■

 今回は実施せず

■料理■
 
 子ども手当ての減額(月39,000円→35,000円)が痛いという話をしていたからかどうかは分からないが、独り身のA木氏から、俺、魚さばくの好きではないということで、オニカサゴ1匹をいただきました。オニカサゴは沢山つれないので、なかなか1匹を煮付けにすることができなかったが、思い切ってやってみました。高級魚をご馳走様でした。

 カイワリ→2日目と3日目に刺身。
 (カンパチ+ワラサ+シマアジという感じで味はGOOD。ただ、魚体が成長しすぎているせいか、3日目にもビックリするような脂はなく、身の食感を辛口に評価すれば、やや硬いという感じが若干した。)

 オニカサゴ→1日目:煮つけ(丸々1匹分+頭エラ2匹分)、2日目:オニシャブ、オニ皮湯引きポン酢、3日目:刺身。
 (現在胸ビレを乾かしている。近いうちにひれ酒でいただく予定。)

■備忘録■
 
 我が家から最寄インターまで少し飛ばせば60分。
 インター降りてから、船宿の先4キロまでコンビニがないため、予めの購入が必要。
 投入器のレンタルあり。オニ用のサバの切り身餌は悪くないが、釣れてるときには量が不足するかな。
 オニカサゴ釣りでも、高い棚には大物が。

■船宿HPより■

 8月20日(土)洲崎沖 100~180m
 オニカサゴ 0.5~1.7㌔ 2~5匹
 朝のスルメは、顔を見るばかりでした。
 オニは、中盤から一流しに7匹上がるなど好調!!!(← 実は左舷で1匹のお客さんがいたみたい。)

スポンサーサイト



2011年08月24日 トラックバック(0) コメント(0)

221113江見の中深場釣り

平成22年11月13日(土) 江見の中深場

■釣行者■

 A木氏、K島氏、T沢氏、Y宗氏、私

■船宿■

 W辺丸(氷付き、Fサビキ付き10000円(釣割利用))

■釣行■

 200にこちらを出発。コンビニに立ち寄り、400頃に港に到着。
 仲間うちでのじゃんけんにより、左舷みよしから、T沢氏、K島氏、他客1名、右舷みよしから、A木氏、Y宗氏、私の順に釣座に着いた。

 コンビニで食べたたまごかけごはん風おにぎりが悪かったのか気持ちが悪い。停泊中の船に乗り込んだが、やっぱり船を下りようと思ったほど気持ち悪さがマックスになり、本気で「オエッ」て4回きたが空振りに終わった。その後、絶好調となった。ここまでの気持ち悪さはなかったが港で気持ち悪くなることあるんだよね。(ヤフー知恵袋で質問したところ、港から釣り場に着くまでが一番気持ち悪いという人がいた)。

 船長兄の船は、行程30分でポイントに到着。20隻程の船団は既に釣りを開始しており、遅いと思った。いくら明るくなってからじゃないと食わないといっても他船と同じタイミングで開始したいものだ。

 大事な朝の一投目、隣のY宗氏が当たりを感じた直後に、私にも当たり。少し待って巻き上げるも、途中でフワっと軽くなり、仕掛けだけあがってきた。2投目は当たりがあった後しばらく待ってあげたら、ぞろぞろ6枚付いていた。これぞ深場の醍醐味。さすが宗八カレイ仕掛け!

 その後は沈黙。お土産のアジサバ釣りになったが、中層でさばにやられる。7本針にパーフェクトのゴマサバが2回ほか、サバ、サバ、サバ・・・。150メートルまで仕掛けが落ちれば、アジらしき魚のバラシになぜかスルメ+アジ(船縁でバラシ)。なかなか仕掛けが落ちない中でサバだらけになり、お土産釣り終了。

その後、鬼カサゴ釣りとなったものの、微妙なあたりがあり、あれっという感じで半信半疑で巻き上げたところ、鬼カサゴが付いていたが、誰かの仕掛けと祭っていて、鬼の口には、私のではない仕掛けが付いていた。T沢氏の獲物だった。

 以降、船中で賑わいが無く、まったりしていたら、アカイサキが釣れた。まあまあの型だったので美味しいのかどうかを携帯で調べてみた。アカイサキは、「京都府出身のモデル、女優、タレント、グラビアアイドル。父は俳優の赤井英和」であることが発覚。派手な色の魚体からとてもグラビアアイドルのようには見えなかったが、とりあえずお持ち帰りすることにした。その後食べてみて分かったが、赤井沙希(あかい さき、本名同じ、1987年1月24日生)違いであった。
   
■タックルなど■

 アマノ釣具、ダイワシーボーグ300、PE4号、ダイワプロバイザー26L

■仲間達の奮闘■

 相変わらず気合いの入っていたT沢氏は、良い外道もぼちぼちで宗八カレイ仕掛けの連結(20本針(3000円))でゴマサバを多点掛け。

 初めて購入した電動に加えて竿も購入したY宗氏は、途中、説明書?をみながらの操作でも、中鬼を含めひととおり顔をみた。

 久々の海釣りとなったA木氏(馴染みの船長から初心者?と言われた)は、朝の1投でメダイをぞろぞろ3匹掛けるもアジサバ狙いはまったく気合いが入らず。

 A木氏以上に久々で約11ヶ月ぶりの沖釣りとなったK島氏は、朝一のゴールデンタイムにライントラブル?で時間ロスするもメンバー唯一のクロムツ(良型)を釣り上げる。

■仲間うち竿頭■
 
 釣り座が離れていてはっきり分からないが、T沢氏なのかな。メンバー唯一の良型鬼カサゴに良い外道もマズマズ。

■私の釣果■

 良い外道6匹(最大33.5㎝)、スルメ1杯(Fサビキにて)、アカイサキ1匹(35.0㎝。鬼狙いにて)、小鬼カサゴ1匹(リリース)、サバ24匹。

IMG_1229_convert_20101121112157.jpg


■仲間うち全員の釣果(おおよそ)■

 良い外道30匹、クロムツ1匹、メダイ5匹、スルメイカ2杯、鬼カサゴ3匹、アカイサキ1匹、アジ5匹、サバ120匹。

■船宿HPより■

 11月13日は黒ムツ・アジ→鬼カサゴと黒ムツ・アジ→スルメイカで出船しました。
 曇りで波高0.5m。黒ムツ狙いは反応薄めで黒ムツは30~35cmが0~1尾。外道が25~33cmが3~12尾。0.5~1.5kgのメダイが0~3尾。
 サバが多数。鬼も潮が流れず喰い悪かったようで0.4~1.0kgが0~1尾。他にキダイ・アカイサキ等。 水温21.0度、澄でした。

■各賞■

 仲間うち鬼大物ダービー優勝 →T沢氏40㎝位

 早掛け賞(良い外道orクロムツ)→Y宗氏(良い外道)

 外道釣ったらいかんで賞→A木氏(メダイ)

■料理■

 良い外道→しゃぶしゃぶ、刺身、煮付け。スルメ→刺身。アカイサキ→しゃぶしゃぶ、刺身。ゴマサバ→味噌煮、竜田揚げ、シメサバ。

 やっぱり、良い外道の皮付きしゃぶしゃぶが美味い!アカイサキは調べてみたらハタ科の魚らしく、まぁまぁ美味かった。(キンメ+ソイ)÷2という感じ。今まで中型でもリリースしてたけど、これからは持って帰ろう。

■自分メモ■

 ゴマサバの持ち帰り定量=15匹+10匹(実家)
 シメサバ1匹×1回、味噌煮4匹×1回、竜田揚げ2.5匹×4回

2010年11月21日 トラックバック(0) コメント(0)

211199 江見のFサビキ&イサキリレー釣り

平成21年11月●●日 江見のFサビキ&イサキリレー釣り

本日の釣果

■T沢氏
 外道3匹、鯖大10匹、鯖小8匹、スルメイカ1杯(Fサビキで)、ソウダカツオ1匹、鯖フグ1匹、インチキホウボウ1匹、グッドサイズのハナダイ5匹。

■A木氏
 アマダイ1匹(45cm程度)、ハナダイリリースサイズのみ、サバ:50弱…。
 本命の外道&イサキは釣れなかったけど、サバ&アマダイは竿頭!(アマダイは、船中でA木氏と私のみ)

■私
 アマダイ1匹(40cm程度)、外道1匹、ハナダイ少々、サバ多数。

2010年03月07日 トラックバック(0) コメント(0)

220213 江見の外道・黒ムツ、ヤリ・スルメ、鬼カサゴリレー

平成22年2月13日(土) 江見の外道・黒ムツ、ヤリ・スルメ、鬼カサゴリレー
■釣行者■
A木氏、K島氏、T沢氏、私
■船宿■
江見のW辺丸(氷、Fサビキ付き10000円)
■500に船宿集合のため215にこちらを出発。車中、小雨がぱらぱら降っており、都心から離れると小雪になった。全員が「とんでもない日に来てしまったものだ」と思っただろう。コンビニに立ち寄り420には港に到着。出船までだいぶ時間があるが、乗り場に着くのがいつも遅い船が何故だか既に着いていた。
■左舷みよしから、K島氏、私、A木氏、T沢氏、他客1人の順に釣座に着いて出港。
極寒にもかかわらず、他客が船尾にいたので空いていたキャビンで仮眠をとることにした。行程30分程度、エンジン音が緩んだため既に半船酔いの身体を起こしキャビンから出たが、予想をはるかに上回る波高に心が折れそうになった。
時間の経過とともに波高はおさまっていったが、極寒、小雨混じりのなか風もあったため、釣り人はみな言葉少なめだったが、それ以上に魚からのシグナルは少なめだった。
同様の釣りをがする太海のS丸は、あまりにも釣れないため11時前に異例の早上がりをしたらしい。また、個人的には、次の点から戦意喪失。
①前日に自力でPEラインを巻いたもののリセットを押さなかったため電動の示す棚はぼけまくり(設定方法わからず)。
わずかながらあったHOTな時間には、②回りが黒ムツを好調にあげるなか、着底後すぐに根がかり(良いポイントだったが何故かすぐに移動)。③ずっしりとイカが乗った巻き上げ途中で反対舷とのお祭り(気合いでひっぱるも何故か開封直後の市販仕掛けが最上部から簡単に切れる→反対舷よりぐじゃぐじゃの仕掛けとスルメ1杯が届けられる)。
黒ムツは、これまで縁がなく実は初めて釣った。気をつけながら針をはずしていたが、歯に少し触れてしまったと思ったら流血。黒ムツの切れ味は、レーウ゛ドリアン(今春のクラシック期待馬)級。
■仲間達の奮闘
最初は宗八カレイ仕掛け&連結で気合いが入っていたT沢氏は、最後はやる気なしになったが、鬼狙いの置き竿に大ホウボウ。
今年初釣りにもかかわらず朝一番で船酔い&手前まつりしてたK島氏は、黒ムツとスルメの多点がけ。昨年は、2キロクラスのシマアジをタモとり直前でばらして以来ツキがなかったが、復調したようだ。
俺同様に撃沈したA木氏(イカは終始18㎝角使用)については特記事項なし!淡々と時間だけ過ぎていったね。
■仲間うち竿頭
K島氏(7本針に7匹の黒ムツ(1匹は船べりではずれる))
■私の釣果
アジ1、ゴマサバ1(→鬼カサゴ狙いのエサとなる)、黒ムツ1、スルメイカ1。
→有り得ない、だけども有り得る~!
■仲間うち全員の釣果(おおよそ):アジ2、ゴマサバ2、黒ムツ14、スルメイカ5
→1人分のような釣果!
■料理
持ち帰った3匹は、一食分の刺身でぺろりとなくなった。実は初めて釣った黒ムツは小さかったが家族のリクエストに応え刺身にしたがかなり美味い(脂ののったイサキに少し似てるかな)。調理中、身の質から、美味そうだと直感した。『かなり美味い魚』に入れてあげることにした。
<かなり美味い魚>
→鬼カサゴ、マハタ、冬イサキ、黒ムツ。
次点→ヒラメ、ワラサ、カワハギ(肝付き)。
■船宿HPより■
2月13日はアコウと黒ムツ・アジ→ヤリ・スルメ→鬼カサゴで出船しました。小雨で波高2m。アコウは良型揃いで4.5~5.0kgが1名2尾。お客様は埼玉県白岡町の鳴海美津正氏。黒ムツ狙いはアジまじりでポツポツ釣れ25~35cmが1~8尾。早い時間帯から長めにやれれば数はもっと伸びたと思います。ヤリイカ・スルメイカは朝の1流しはポツポツ乗りましたがその後は乗り渋くスルメは35~45cmが0~8杯。ヤリイカは20~35cmが0~2杯。希望で終盤1時間弱鬼カサゴを狙ってみましたが底潮冷たいようでリリースサイズと良型ホウボウ等で本命型見ずでした。水温14.4度、澄みでした。

2010年03月07日 トラックバック(0) コメント(0)

210502江見のアジ・サバ、鬼カサゴ、マルイカ

平成21年5月2日 江見の外道・黒ムツ→鬼カサゴ→マルイカ
     のはずが、船長うっかりで小湊に入れず。また鯵鯖に・・。
■釣行者■
 A木氏、K島氏、T沢氏、T沢氏嫁、私
■船宿■
 江見のW辺丸経由の仕立船
■釣行■
 第1土曜日のために外道ポイントに入れず。W辺丸船長からそのことを聞いていなかったためかなりがっかりした。ゴールデンウィークで人がたくさん来たためか、うちら5人組みはなぜか仕立て船が準備されていた。
 Fサビキは、朝一の1時間だけ入れ食い。その後は潮ぶっとびなどでまるでダメ。高級魚リリーサーのK島氏がなぜか鬼の一家。白浜ヤリイカも潮激早で撃沈していた。T沢氏嫁は、船酔いでまったく釣りをできず。見かねた船長から船代請求されず。そんな江見の温かい人が大好きだ。
■仲間内の竿頭■
 K島氏(鬼カサゴの一家にカガミダイ。サメも。)
■私の釣果■
 アジ12、サバ7、沖メバル1。
■だいたいの釣果(5人分)■
 鬼2匹、アジ50匹、サバ25匹、カガミダイ1匹、沖メバル1匹、鮫1匹
■料理■
 深場のアジは旨い。この前の内房アジより脂が乗っていた。沖メバルの煮付けも旨い。型がいいと食べやすい。次の冬は専門で狙いたいと思った。

2010年03月07日 トラックバック(0) コメント(0)