FC2ブログ

釣行記 イサキ釣りと競馬が好きな人のブログ

釣行記のカテゴリーです。

★釣行記メニュー★

釣行記メニュー

 平成24年 1月13日(土) 鹿島のショウサイフグ釣り★★★★☆ 

 平成23年12月30日(金) 岩井のイサキ・カワハギ釣り★★★☆☆
 平成23年 9月24日(土) 保田のワラサ・マダイリレー釣り☆☆☆☆☆
 平成23年 8月20日(土) 保田のスルメ・オニカサゴリレー釣り★★★☆☆
 平成23年 7月17日(日) 小湊のマダイ・イサキリレー釣り★☆☆☆☆
 平成23年 5月 4日(祝) 江見のイサキ釣り★★★☆☆

 平成22年12月30日( ) 岩井のタイ五目&カサゴ&カワハギ釣り☆☆☆☆☆ 
 平成22年11月13日(土) 江見の中深場釣り★★★☆☆
 平成22年 8月21日(土) 久里浜のイナワラサ釣り★☆☆☆☆
 平成22年 8月 1日(日) 飯岡のヒラメ釣り☆☆☆☆☆
 平成22年 6月12日(土) 小湊のマルイカ・イサキリレー釣り★★☆☆☆
 平成22年 5月23日(日) 勝山のマルイカ★☆☆☆☆
 平成22年 4月28日(祝) 金谷のアジ釣り(強風でマルイカ釣りできず)★★☆☆☆
 平成22年 4月10日(土) 小湊のマルイカ、イサキリレー釣り★★☆☆☆
 平成22年 3月 6日(土) 江見のイサキ、ハナダイリレー釣り★★☆☆☆
 平成22年 2月13日(土) 江見の外道・黒ムツ、ヤリ・スルメ、鬼カサゴリレー釣り★☆☆☆☆
 平成22年 1月10日(日) 江見のイサキ釣り★★★★☆

 平成21年11月99日( ) 江見のFサビキ&イサキリレー釣り★★★☆☆
 平成21年 5月30日(土) 大原のイサキ、マルイカリレー釣り★★★★☆
 平成21年 5月 2日(土) 江見の外道・黒ムツ、鬼カサゴ、マルイカリレー釣り★★★☆☆
 平成21年 4月12日(日) 岩井のタイ五目、カサゴ釣り★★★☆☆
 平成21年 3月 8日(日) 小湊のシマアジ、イサキ釣り★★☆☆☆
 平成21年 2月15日(日) 小湊のシマアジ、イサキ釣り★★★☆☆
 平成21年 1月18日(日) 江見の中深場五目釣り★★★☆☆

 平成20年11月23日(日) 岩井のイナダ・カワハギ釣り★★★☆☆
 平成20年11月 2日(日) 岩井のイナダ・カワハギ釣り★★☆☆☆
 平成20年 7月 5日(土) 江見のイサキ五目釣り★★★★☆
 平成20年 5月17日(土) 金谷のマルイカ釣り★★★★☆
 平成20年 3月 1日(土) 波崎の石カレイ釣り★★★☆☆
 平成20年 2月11日(祝) 江見の外道、スルメイカ、鬼カサゴリレー釣り★★★☆☆
 平成20年 1月13日(日) 飯岡のショウサイフグ釣り★☆☆☆☆

 平成19年 5月19日(土) 西川名のイサキ釣り★★☆☆☆

 平成16年12月11日( ) 岩井のカワハギ釣り★★★☆☆

スポンサーサイト



2012年02月13日 トラックバック(0) コメント(1)

220810家族で網代の海上釣り堀へ

 家族で静岡県網代の海上釣り堀へ行ってきました。
 余談ですが、前回の海釣り(ヒラメ)が人生初の完全坊主。次の釣りがワラサに決定しており、下手をすると2回続けて完全坊主になってしまうので、良いタイミングでの釣りとなった。

 千葉県富里の室内海魚釣り堀にしようかと思ったが、雰囲気、値段では網代が上だと思い、今回は網代に決定。

 当日は5:00前に起床し、6:00前に家を出た。
 (お店オープンの7:00から釣りをする予定だったが、鮭を焼いてゆっくり朝ごはんを食べたら遅れた。。)
 沖縄付近にいた台風の影響もあり、海老名PAに着く前には雨になった。釣りのあとに江ノ島に行くことにしていたが、天気が悪いので釣りには行かないことにしようかとも思ったが、長男のキラキラした瞳に負けて行くことにした。(この後雨はすぐに止んだので正解!)

 8:00少し過ぎには、網代に到着し、予めHPで見ていた太公望というお店のファミリーコースをお願いした。
 竿1本、オキアミ1パック、渡船料、氷込みで4,800円(タイ2匹とアジ10匹の計12匹まで持ち帰り可)。

 まずは、漁船のような船で目の前のイカダに向かいました。
 こんな船はもちろんライフジャケットを着用するのも子供たちは初めてで楽しそうである。

 IMG_0996_convert_20100812235502.jpg

 行程1分で沖のイカダに到着。
 2組の先客がいたが、いずれもアジのいけすにいた(タイとアジはいけすが分かれている)ので、まずはタイを狙うことにした。浮きもついていないシンプルな仕掛けでオキアミをつけて投入するも、すぐに餌取りがやってきてあっという間に食べてしまう。早めに沈めるのが肝のようだ。うまく沈めてタイが針にかかるが、結構な引きであり、返しがない針を使用しているためちょっと難しい。でも程なく、娘に網ですくってもらい1匹目を釣り上げる。35センチ程度あるので刺身で食べられるサイズ。他の客が続々とやってきたが、2匹目(同サイズ)も無事にキャッチ。餌取りが多いので時間を要したが、イカタンか何かがあれば、5分もかからず2匹釣っていたと思う。簡単に釣れすぎてもつまらないので、このくらいがいいかも。

 IMG_1003_convert_20100813000041.jpg


 アジのいけすに向かうと、さっきからいた先客がまだ規定数を釣れてなく釣りをしている。ここでも餌取りが多く、シビアなようだ。オキアミが減ってきたら店のおじさんがアジかなにかの切り身をくれた。餌もちがよい。
 程なくヒット。その後、うちの娘が1人で釣り上げ、長男も1人で釣り上げ、奥様も1人で釣り上げた。最後の1匹に手こずったが2時間程度で規定数に達し、帰港した。サイズも20センチ程度あるので満足。

 IMG_1011_convert_20100813000209.jpg

 大自然を相手にしての釣りではないものの、子供たちにしてみれば、ある程度本格的な釣りができ、実際に釣れたため大満足のようだった。

 この後、江ノ島に立ち寄り、たこせんべいを食べた後、魚を実家にもっていき、刺身、あら煮、ひらき、漬けで食した。美味かったのか、子供たちもいつも以上に食べていた。

 

2010年08月13日 トラックバック(0) コメント(0)